LENSMODE

配送状況確認

レンズについて

クオリティーレンズ

機能一覧 スタンダードレンズ 薄型非球面レンズ
レンズを傷から守る・乱反射を抑えるコーティング ハードコート
光の反射の透過光を弱めレンズ表面の影の映りこみ防止 反射防止処理
大切な目を紫外線から守る UV400 △(UV380)

レンズ度数の取り扱い範囲

レンズのタイプ お取り扱い度数
スタンダードレンズ 0.00~-6.00
薄型非球面レンズ(UVカット付) 0.00~-8.00

※乱視・遠視用のレンズは取り扱っておりません、ご了承ください。

セットレンズに薄型レンズ(屈折率1.56)を採用! 強度数の方には薄型非球面レンズ(屈折率1.60)をオススメします。

スタンダードレンズ
                    屈折率 1.56 ハードコート&UV380 薄型非球面レンズ(UVカット付)屈折率 1.60 ハードコート&UV400

各レンズの制作範囲

各レンズの制作範囲

レンズのクオリティーは3つの要素で決まります!

レンズの屈折率について

屈折率ってなに?

屈折率とは、光を曲げる力のことで、数値が大きいほど、レンズの厚みが、薄くなります。メガネレンズの場合、いちばんスタンダードなものは、ガラス「1.523」、プラスチックで「1.50」ですが、そこで、1.56や1.60などの高屈折率(光を曲げる力の強い)レンズを使用することで、見栄えの良いきれいなメガネが出来ます。

屈折率の値が大きくなるほど、レンズが薄く・軽くなります

  • 屈折率の値が大きくなるほど、レンズが薄く・軽くなります
  • 同じ度数(-6.00)でも厚みがこんなに違います!

レンズの屈折率の違いによる他店との価格比較

レンズのタイプ 屈折率 例)A店で購入 LENSMODE
スタンダードレンズ 屈折率1.56 +0円 +0円
薄型非球面レンズ
(UVカット付)
屈折率1.60 +5,250円 +1,260円

レンズのコーティングについて

レンズの表面は素材そのままではなく、大抵はコーティングという加工を施します。Roomメガネでは、傷をつきにくく、反射を防ぐ「コート」をコーティングしています。

コートとは?

表面の傷つきやすさを補うため、プラスチックレンズのみに 施す加工をしております。 光がレンズの表面や裏面で反射して、 チラチラしたり、写真に撮った時に、カラーレンズでもない のにメガネが暗く写ったり、夜間の運転などで車のライトや 街の電灯が二重に見えたりする事があります。 それらの乱反射を抑えてくれる処理を施してあります。

Roomメガネは「コート」を標準採用!!

コートとは?

紫外線カットレンズUV400について

UV400ってなに?

UVとは皆様もご存知と思いますが、「紫外線」のことです。紫外線とは目に見えない青い方の光線です、目に見える部分は「可視光線」 目に見えない赤い方の光線は「赤外線」と言います。このところフロンガスなどの影響で地球のオゾン層の破壊が進み、地表に降り注ぐ紫外線の量が増加していると言われています。紫外線は、体に対する(ここでは眼)有害性が数多く指摘されています。 その紫外線を、99.9%カットするのが、紫外線カットレンズ<UV400>です。

屈折率1.60の薄型レンズには「UV400」を採用!!

紫外線には 以下の3つのタイプがあります

UV-A
(400-315nm)
肌を黒くする紫外線、長い間に眼の中の水晶体(眼の中にあるレンズのようなもの)に吸収され、 白内障の原因の一つになると言われています。通常のレンズではカットできません。
UV-B
(315-280nm)
肌を赤くする紫外線、角膜(眼の表面)の炎症を起こす原因と言われています。 通常のレンズでもほとんどカットできます。
UV-C
(280nm未満)
オゾン層で吸収され地表にはほとんど届きません。

※nm(ナノメーター):紫外線の波長を表す単位

屈折率1.60の薄型レンズには「UV400」を採用!!

屈折率1.60の薄型レンズには「UV400」を採用!!

コンタクトレンズを
タイプから探す

コンタクトレンズを
メーカーから探す

メガネを探す

PAGE TOP